熊本眼科 KUMAMOTO EYE CLINIC お問い合わせ・資料請求 サイトマップ

近視矯正手術|Vision correction surgery

トップページ > 各種手術 > 近視矯正手術

近視とは?

白内障イメージ

近視は屈折異常の一種で、遠方から目に入ってきた光が網膜より手前で像を結び、物がぼやけて見える状態です。近視は、眼軸長(角膜から網膜までの長さ)が正常より長すぎるか、角膜・水晶体の光の屈折力が強すぎることにより起こります。近視の原因は現在のところ、よくわかっていませんが、遺伝的な要素と環境が関係すると考えられています。

1.遺伝的な要素
親が近視の場合、子供が近視になる可能性は比較的高く、遺伝的な要素が複雑にからんでいると考えられます。
2.環境的な要素
一般的な近視の場合、環境も影響すると考えられています。勉強、読書、テレビ、コンピューターゲームといった近くを見る作業を長く続けていると、目が疲れ、好ましくないのはいうまでもありません。しかし、こういったことが近視の原因になるかどうか、はっきりした証明はありません。

遠くの物がぼんやりとしか見えない。
目が疲れる。

治療・手術について

点眼薬を用いる治療法は、近視になりかけの偽近視(仮性近視)の時期に行われることがあります。偽近視は近くを長く見続けた結果、毛様体筋が異常に緊張して水晶体が厚くなり、一時的に近視の状態になっていると考えられるときで、目の調節を休ませる点眼薬を用いる場合もあります。
手術的方法には、角膜周辺部分を放射状に切開する「放射状角膜切開術」やエキシマレーザーによる「角膜切除術」(角膜の中心部分を削る方法)などがあります。 治療を受ける場合は、十分説明を聞いて納得してから受けるようにしましょう。

手術を受けられる患者様へ

LASIKは、正式にはLaser in situ Keratomileusisの略で、コンピュータ制御されたエキシマレーザーと角膜にフラップ(ふた)を作る方法を組み合わせることで、従来の方法より安全性が高く、早期の視力回復なども期待できることから、各方面で注目されています。
近視矯正手術については、九品寺アイクリニックをご覧下さい。

近視による視力障害を改善する手術について

急速に発展する近視矯正手術

現在の日本では「目が悪い」=「眼鏡をかける」「コンタクトを装着する」と、ほとんどの方が思われているでしょう。しかし、世界的にはすでに「目が悪い」=「手術して治す」という考えが広まっています。この手術は「近視矯正手術」とよばれ、手術方式もさまざまです。その中でも、世界中で最も安全といわれている「エキシマレーザーによる近視矯正手術」をご紹介します。この手術は’99年にはアメリカ国内だけでも96万眼の手術が行われており、日本でも2000 年1月厚生省により、エキシマレーザーによる近視矯正手術が許可されました。今後、近視矯正の1つの方法として急速に普及することが予想されています。

近視矯正手術=レーシックとは?

LASIKは、正式にはLaser in situ Keratomileusisの略で、コンピュータ制御されたエキシマレーザーと角膜にフラップ(ふた)を作る方法を組み合わせることで、従来の方法より安全性が高く、早期の視力回復なども期待できることから、各方面で注目されています。

トップページ目の病気 Q&A各種手術白内障手術近視矯正手術角膜移植手術
治療実績メガネコンタクトレンズ医院案内アクセススタッフ紹介リンク